犬の噛み癖の理由は?
噛む理由と原因を知って
正しくしつけよう!

犬と遊んでいると突然噛まれる。噛み癖がひどくて何とかしたい。愛犬にこんな悩みを抱えている方はいませんか? 犬の噛み癖は一歩間違うと大きな事故につながります。また、家具や家をボロボロにされてしまうこともあるでしょう。ですから、噛まないようにしつけをすることが大切です。

そこで今回は、犬が人や家具などを噛む理由や噛み癖を治したり予防したりする方法をご紹介しましょう。

01. 犬が人や家具などを
噛む理由

はじめに、犬が人や家具などを噛む理由をご紹介します。敵意や恐怖の他には、どのような理由があるのでしょうか?

1-1.歯が生え変わる

も人間と同じように乳歯から永久歯へと抜け替わります。この時、歯がむずがゆかったり痛かったりすることも多く、それを紛らわすために固いものを噛たがるのです。この時に噛み癖をつけてしまうと後のしつけが大変になります。

1-2.遊びの延長

は遊びで甘噛みをすることも珍しくありません。犬にとっては遊びの延長ですが、犬の牙は鋭いので、犬種によってはケガをすることもあります。

1-3.恐怖や不快感の現れ

触って欲しくない場所を触られたりした場合や犬が強い恐怖を感じた時、身を守るために噛むことがあります。また、縄張り意識が強い犬の場合は、テリトリーに踏み込んだ見知らぬ人間を問答無用で噛むこともあるでしょう。

1-4.犬の本能

犬種によっては生まれつき闘争本能が強い場合もあり、狩猟犬や闘犬として改良されてきた犬種は、噛み癖がつきやすい傾向にあります。そのため、犬を飼う場合は犬種の特徴をよく把握しておくことが必要が大切です。なお、メスよりもオスの方が若干攻撃性が高いことが多くなっています。

1-5.過剰な興奮

慣れない場所に連れていかれてパニックになったり、他の犬とケンカになったりすると、過剰に興奮して噛むことがあります。犬同士がケンカを始めた場合、仲裁に入った飼い主が噛まれることもあるでしょう。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所