犬が吠える原因は何?
無駄吠え・遠吠えを抑える
しつけ方法を紹介

犬は猫と並んで人気のペットです。近年は室内で飼うことのできる小型犬の種類も増え、ペット可のマンション等の集合住宅で愛犬と暮らしている方も増えています。その一方で、問題となっているのが遠吠えや無駄吠えです。近所迷惑にもなるため、悩んでいる方も多いことでしょう。しかし、犬は何も考えずに吠えているわけではありません。吠える原因を調べることが、しつけの第一歩になります。

そこで今回は、犬が吠える原因や無駄吠え・遠吠えをやめさせるしつけ方をご紹介しましょう。

01. 不安? 寂しい?
犬が吠える原因

はじめに、犬が頻繁に吠える原因を紹介します。どのような原因があるのでしょうか?

1-1.飼い主に欲求を伝えている

は集団で生活をする動物ですので、鳴き声でコミュニケーションをとります。そのため、飼い主に何かして欲しいことがあると吠えて自分の意志を伝えるのです。しかし、飼い主が吠えるたびに要求を応えてあげると、犬の無駄吠えはますます増えていくでしょう。

1-2.分離不安や恐怖

飼い主と離れることを嫌がる犬の場合は、飼い主が外出しようとすると吠えて寂しさを伝えようとします。家具やインテリア・壁などを壊す行動が伴うこともあるので、頭を悩ませている方も多いことでしょう。飼い主の姿が見えなくなってから吠え出す場合は、中々無駄吠えに気付かないこともあります。

また、警戒心の強い犬の場合はサイレンや雷など見知らぬ音が鳴った場合や、知らない人がテリトリーに入ってきた時などに激しく吠えがちです。

1-3.社会的促進

社会的促進とは、別の個体が行っていることを見て自分も同じ行動をとることです。近所に無駄吠えや遠吠えを盛んにする犬がいると、つられて盛んに吠え出すようになることがあります。

1-4.老化

栄養状態や医療技術の発達により、犬の寿命は長くなりました。それと同時に、年を取るにつれて認知症のような症状が出てくる犬も増えています。今まで無駄吠えや遠吠えをしなかった犬が年を取ってから急に吠え出すようになった場合は、犬の認知症を疑ってください。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所