フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグの性格や飼い方は?
しつけに大事なポイントも紹介!

フレンチブルドッグは人懐っこい性格であることから、近年はペットとして人気が急増しています。「フレンチブルドッグと一緒の暮らしを楽しみたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。お年寄りや小さい子供とも相性がよいと言われるフレンチブルドッグ。どうすれば心配なく家族の一員として招き入れることができるのでしょうか。この記事では、フレンチブルドッグの性格や飼い方、入手方法などをご紹介したいと思います。

この記事を参考にして、フレンチブルドッグについて知ってください。

01. フレンチブルドッグの歴史はどうなっているの?

まずは、フレンチブルドッグの歴史について解説していきます。その起源はどのようなものなのでしょうか。

1-1.フレンチブルドッグのルーツはフランス?イギリス?

フレンチブルドッグのルーツに関しては、諸説あります。一つは、1860年ごろにフランスへ移民してきたレース職人たちが、イギリスの小型ブルドッグをフランスに連れ帰り、他犬種と交配して作り出したという説です。その一方で、「フレンチブルドッグのルーツは、フランスで飼育された闘犬種である」という主張もあります。現在は、最初に述べたイギリスの説が最も有力です。

1-2.ペットとして飼えるように改良したのがフレンチブルドッグ

19世紀のイギリスでは、ブルドッグは闘犬として高い人気を集めていました。しかし、闘犬禁止法令によってその職を失ってしまったのです。そこで、ブルドッグ犬種存続のためには、闘争的な性格を改良してペットとして愛されるようになる必要がありました。小型化、そして、闘争心を排除しようとして作られたのが、温和な性格のフレンチブルドッグだったのです。

1-3.上流階級を通じてアメリカへ

19世紀後半になると、フレンチブルドッグは上流階級の人々からも注目を集めるようになりました。その人気に目をつけたのが、当時フランスに来ていたアメリカ人です。そのアメリカ人が数頭を自国へ持ち帰って繁殖させたことで、フレンチブルドッグは徐々にアメリカに広まっていきます。1898年にはニューヨークでフレンチブルドッグの単独ショーが開催され、その上品で華やかなショーは、多くの観衆を魅了しました。その結果、アメリカ中で大人気となったのです。

1-4.日本に伝わったのは大正時代

フレンチブルドッグが日本にやってきたのは大正時代です。昭和初期には人気が高まり、街を歩いているとフレンチブルドッグを見かけることが非常に多くなっていました。その後は一時的に人気が衰退し、2000年ごろから再び人気が高まったと言われています。現在は、登録犬数においてもトップ10に入っているほどの人気犬種です。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所