パグ

パグを飼う前に読んでおこう!
性格や飼い方を徹底解説!

愛嬌(あいきょう)のある独特な表情が特徴のパグ。小型犬の中でも比較的飼いやすいことで知られており、ペットとして飼う人が急増しています。しかし、パグと暮らす上で注意しなければならないこともたくさんあるのです。そこで、この記事では、パグの性格や飼い方・しつけ方法をはじめ、飼い主のブログや購入できるブリーダー・ショップなどをご紹介しています。パグとの暮らしを楽しいものにするために、ぜひ参考にしてみてください。

パグを飼う前に、正しい接し方を知っておきましょう。

01. パグにはどんな歴史がある?

まずは、パグの歴史について見ていきたいと思います。一体どのような歴史があるのでしょうか。

1-1.パグの起源は紀元前400年以前?

パグが飼い犬として人気を集めるようになったのはここ数年のこと。しかし、実はパグの歴史は非常に長く、その起源は紀元前400年以前と言われています。中国王室で飼育されていた小型犬ではないか、という説が有力です。その後、中国からヨーロッパに渡り、オランダ王室のシンボルとして可愛(かわい)がられました。

1-2.「オランダの英雄」と呼ばれたパグも

オランダ王室で繁殖されたパグの中には「オランダの英雄」と呼ばれたパグもいました。オランダがスペインからの独立を目指して起こした「八十年戦争」において、ウィレム1世を暗殺から救ったとされるパグです。この話は、オランダ国内でも伝説になっています。

1-3.ナポレオンの妻もパグを可愛がっていた!

ナポレオンの妻であるジョセフィーヌがパグを可愛(かわい)がっていたという話も有名です。オランダを経由してイギリスに渡って以来、ウイリアム三世からビクトリア女王にいたるまで、パグは王室や貴族などの上流階級からも絶大な人気を誇っています。

1-4.名前の由来は?

「パグ」という名前の由来には、いくつかの説があります。頭の形が斧(おの)や握りこぶしに似ており、そういったものを意味するラテン語から命名されたという説が有力です。そのほかにも、ペットとして飼育されていたサルに似ていたため、その名前から取ったという説もあります。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所