シーズー

シーズーの性格は?
飼い方・しつけ方のポイント!
人気ブログ・動画も紹介

シーズーは人によくなつく犬として知られ、ペットとしては最も飼いやすい犬種の一つです。最近では、インターネットでシーズーを飼っている人のブログを読むことができ、情報交換もしやすくなっています。しかし、シーズーを家族として迎え長くかわいがるには、正しい知識が必要不可欠です。シーズーの性格やしつけ方、かかりやすい病気などについて知る必要があります。そこで、この記事では、シーズーを飼うときに知っておくべき10のポイントをご紹介しましょう。

この記事を読むことで、シーズーの飼い方・しつけ方や健康を維持する方法がわかります。

01. 実はチベット生まれ
シーズーの歴史

シーズーは、ペットとして飼われている犬の中でも特に歴史の長い犬種です。ここでは、シーズーがどのようにしてペットとして定着したのか? その歴史について紹介します。

チベット秘境の犬だった!

シーズーの起源はチベットにあり、もともとはチベットが清(しん)王朝に献上したラサ・アプソという犬種が祖先だと言われています。このラサ・アプソと中国のペキニーズがかけ合わさったのが、いまのシーズーのはじまりという説が有料です。古くから高級な犬種として知られており、中国では紫禁城でも飼っていたほどのいわゆる「ロイヤル犬」なのです。

イギリスでも大人気

シーズーはもともとアジアの犬でしたが、1920年ころにイギリスに伝わりました。当時のイギリスは、ドッグショーがブームになっており、新たな犬への関心が強かった時代です。シーズーの人気はすぐに広がり、1930年代にはイギリスのケネルクラブで正式に登録されました。やがて、シーズーは全世界でペット犬の立ち位置を不動なものにしていきます。日本での人気はいまでも高く、集合住宅でも飼いやすいのが人気の理由のひとつ。1990年には日本ケネルクラブでの登録数がトップになったほどの主要なペット犬種です。シーズーのブログが多いのもうなずけますね。

シーズーは中国語でライオン

シーズーはもともと中国で「獅子狗」と呼ばれていました。シーズーの名前の由来は、実はこの中国名にあるのです。獅子はライオンのことで、「獅子狗」はライオン犬という意味になります。なるほど、確かに長い毛なので、見た目はライオンのようです。中国語で獅子は「シーズー」、狗は「クウ」と発音します。この獅子の部分だけがそのまま残り、シーズーと呼ぶようになりました。つまり、中国語で「ライオン」と呼んでいるわけですね。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所